H29・30 東部幹線水路橋補修工事

[10月末の進捗状況のお知らせ]

H29・30東部幹線水路橋補修工事では、上下線の上部検査路と簡易排水装置の設置が共に完了いたしました。
10月末の進捗率は78.8%です。



腐食損傷が著しかった旧検査路を撤去後、新しい検査路を設置しました。

上り線
 

下り線
 

簡易排水装置設置
 
橋梁の伸縮装置遊間部からの雨水(冬季は路面凍結防止剤を含む)の漏水は、桁端部の腐食を起こし鋼橋に著しい損傷を与えます。
簡易排水装置は、伸縮装置の下部付近に設置して遊間部からの漏水を集水し迂回排水することにより、雨水等が橋桁や支承にかからず橋梁の
長寿命化に寄与します。

11月は下部検査路の新設と設置のための枠組み足場の増設を予定しています。

10月は1日の第一月曜日にノースモーキングデーも実施しました。
 

引き続き安全に作業いたしますので、何卒ご理解ご協力をお願いいたします。


H29・30東部幹線水路橋補修工事トップページへ