H29・30 東部幹線水路橋補修工事

[H29・30 東部幹線水路橋補修工事 現場だよりを開設しました]

皆様におかれましては、日頃より国道行政の推進に格別のご理解とご配慮を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、国道116号線の東部幹線水路橋補修工事を施工させていただくことになりました。
本橋梁維持工事にあたりましては、東部幹線水路橋直下の水路両側管理道路が施工箇所となる為、皆様方に色々とご不便ご迷惑をおかけしますが何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

【工事の目的】
橋梁の腐食損傷を軽微なうちに修繕・補強することにより、橋梁の長寿命化を
図ることを目的としています。

【工事概要】
工事名H29・30東部幹線水路橋補修工事
工期平成30年5月7日から平成31年1月11日
工事場所新潟県新潟市西区新通地先
発注者国土交通省北陸地方整備局新潟国道事務所
新潟維持出張所  TEL 025-244-3483
受注者大河津建設株式会社
住所:新潟県燕市分水あけぼの一丁目1番地72
TEL:0256-97-1339 FAX:0256-98-2184

現場事務所
住所:新潟市西区新通北曽根447番
TEL:025-201-9766 FAX:025-201-9776
現場代理人小田征宗
監理技術者神保辰則
工事内容橋梁付属物工
 検査路工          一式
 マンホール工        一式
 支承工           一式
 伸縮装置非排水化工     一式
 仮設工           一式



■ 検査路工
1995年竣工供用開始以来約22年を経過しており、橋梁の鋼製部の腐食損傷が著しい為、鋼製検査路を交換します。
■ 伸縮装置非排水化工
冬季の路面凍結防止剤の塩分を含む排水が橋梁伸縮装置から漏水し鋼製橋桁に悪影響を及ぼすため、簡易排水施設を新規に取り付けます。
■ 支承工
橋梁支承部の鋼製部が腐食損傷しないよう、現在の塗装を除去し新たに塗り替えます。
【施工位置】


【計画工程表】


※工事期間中は、原則として日曜日は作業しません。
※作業時間は、8:30〜17:00としますが、作業内容の進捗により残業する場合もあります。
また、作業開始時間前に資機材の搬入を実施する場合があります。

【交通規制等】
東部幹線水路橋下管理道路で工事車両を配置しての片側交互通行規制をします。


H29・30東部幹線水路橋補修工事トップページへ